薬剤師の今と昔

薬種商 あまり聞きなれないことばですが、これは薬を調剤することはできませんが、指定薬品以外の市販の一般的な医薬品の取り扱い販売が出来るため、薬局、薬店に勤務することができる資格です。

昔は薬局は必ず1人は薬剤師がいなければいけないと言われていました。
そのため、薬局チェーンが支店を出す度に薬剤師を雇わなければならなく、薬剤師は必要な存在でした。

ところが、ある時からこの薬種商という資格があることに気づき、調剤はできませんが、何年か勤務することによって、一般の店員さんがこの資格を取ることができ(受験資格が与えられる)、薬剤師が必ず必要ということはなくなりました。

当初の薬剤師は時給も良く、仕事は楽だったので、だれでもがあこがれる職業でしたが、店員が薬種商という資格が取れる様にサポートしつつあります。

そのため、薬剤師の価値が下がりだして、給料も下がってきています。
昔の薬剤師の資格があればくいっぱぐれはないという認識が覆される時代も来るのではないでしょうか。

と言っても、まだまだ薬剤師は必要とさえています。

 

薬剤師のおすすめ求人サイト